ドラマ

【ドラマ】まだ結婚できない男のロケ地はどこ?パグは出る?出演者やあらすじも!

2006年にドラマ『結婚できない男』が放送され、屁理屈・独善的・皮肉たっぷりな性格の阿部寛さん演じる桑野信介の超強烈なキャラが視聴者を惹きつけました。

結婚に対して興味のない桑野信介は「結婚はできないいんじゃない。しないんだ」と言ったセリフを覚えている人は多いのではないでしょうか?

『40歳独身男の本音さく裂ドラマ』として大きな話題をよびましたよね。

前作では、桑野信介が女医の夏美先生に告白し、ついに結婚できない男が結婚するのか!?!?といういいタイミング終わりました。

その後が気になっていましたが、13年後の今回、『まだ結婚できない男』という題なのでまだ結婚していなかったことが判明し世間がざわつきましたよね。

13年経った今年、果たして桑野信介の性格は少しは変わっているのでしょうか?それとも相変わらずの皮肉たっぷり男のまんま?

色々気になるところがたくさんあります。

 

そこで今回の記事では【まだ結婚できない男のロケ地(マンションや事務所等)はどこ?前作で大人気だったパグ(KEN)は出演するか。出演者や前作の簡単まとめや今作のあらすじ】などを調べてみました。

 

前作『結婚できない男』の簡単まとめ

桑野信介はルックスは良く、高学歴、高収入、高身長のいわゆる“三高”を満たしているが、とても屁理屈で協調性、社交性が欠けています。
そんな桑野は結婚に全く興味を持っておらず、結婚に対してメリットすら考えていませんでした。

仕事帰りには海外ドラマをレンタルし、夕食はまるでレストランのような豪華な食事を自分で用意、食事が終われば大音量で大好きなクラシックを聴き、とても優雅な生活で過ごしていました。

結婚すれば「旦那は妻と子どもと家のローンという三大不良債権を背負うことになる」とこぼし、「やりたいことをやりたい時にやる」という完璧な独身生活を送っていました。

ある日、桑野は腹痛を発症、隣部屋に住んでいるみちるに助けてもらい、たまたま搬送された病院先で美人先生の夏美と出会いました。

今までは私生活や仕事においても自分を貫き、人に興味を持たない性格でした。

が、この2人の女性に出会い、自分以外にも関心を持ち、犬に愛情を抱いたり、みちるのストーカーを撃退したりと、他人に情を持つようにだんだん変化していきました。

そして出会った頃は興味を抱いていなかった夏美とだんだん本音で話しあうようになり、好意を持ち始め、最終回には夏美に告白・・・仲良くマンションに入って行くシーンが描かれ、ついに結婚できない男も結婚か!?!?というところでこのドラマが終わりました。

 

桑野はついに結婚しただろう・・・と憶測が飛び交う中、13年たった今年、ついに続編のドラマがスタートします。

その名も『まだ結婚できない男』

・・・・・。まだ結婚してなかったーーーーー!!!!

世間がざわつきましたよね。あれ。あれれれれ。夏美先生(夏川結衣)は・・・??

夏美先生とは交際まで発展していたものの愛想をつかされてしまい、その後破局してしまったそうです。

では早速、その後の桑野を描いた『まだ結婚できない男』の今後のストーリーをみてみましょう。!

『まだ結婚できない男』のあらすじ

53歳になった桑野信介は、偏屈さに一層磨きがかかり、相変わらず独身生活を継続中。人生100年時代と言われるこのご時世で、独り身を謳歌(おうか)する日々…。
果たして、今度こそ人生のパートナーを見つることができるのか?

物語は前作から13年後が舞台。桑野は以前と同じマンションに一人、暮らしているが、飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌(おうか)中。偏屈さにはより一層磨きがかかっている一方で、将来のことを考えると、ちょっと不安を感じないでもない桑野。そんな中、偶然出会った女性たちとの間で、運命の歯車が突然、動き始める!
果たして桑野は、今度こそ“結婚” するのかしないのか?日本の“今” を切り取りつつ、“結婚できない男” 桑野信介を再び映しだす!令和時代の桑野の日常やいかに…?

引用:フジテレビ

 

ただでさえ屁理屈だった桑野に”より一層屁理屈さに磨きがかかった”そうですよww

しかし前作と違って桑野には心の変化が。それは”将来のことを考えると、ちょっと不安を感じないでもない桑野”。

そう将来1人でいい!と思っていた桑野がなんと将来1人で生きていくということに少し不安を覚えたのです!これはすごい心の変化ですよね。

今作の桑野からまた目が離せません!!!

 

そんな『まだ結婚できない男』がどこで撮影されているか気になりませんか?

ということで、『まだ結婚できない男』のロケ地をリサーチしてみました。

『まだ結婚できない男』のロケ地

マンション

『結婚できない男』で桑野信介が住んでいるマンションはパークレジデンスです。

前作と同じ「パークレジデンス」に住んでいるのであれば、このマンションはエティア目黒ウェストタワー』です。

前作では隣の部屋に住んでいるのはパグ(KEN)を飼っていた田村みちる(国仲涼子)ですが、今回の作品では謎の女性の戸波早紀(深川麻衣)が引っ越してくるそうでうす。

 

このエティア目黒ウェストタワーは目黒川沿いあり、春には目黒川の桜を楽しむことができるそうです。

東急目黒線・不動産駅前から徒歩4分という好立地で口コミによるととても静かで過ごしやすそうですよ。

 

 

前回と同じ場所に住んでいるという設定であれば桑野の家は「パークレジデンス」は『エティア目黒ウェストタワー』というところで間違いないかと思います。

ただし、おそらくパークレジデンスは外観のみで、部屋の中のシーンはスタジオのセットで撮影されていると思われます。

桑野建築設計事務所

桑野建築設計事務所(正式名称:桑野建築事務所(有)ケイテックス)は桑野の独立した事務所で、前作では桑野は村上英治(塚本高史)とともに働いていました。

今作も前回同様独立事務所である桑野建築設計事務所が出てくると思うのでその場所も調べています。

 

桑野建築設計事務所のロケ地は1936年に建てられた『山二証券(株)本社』でした。

「結婚できない男」の映像を見てもこの山二証券と外観が一致しますよね。とても歴史ある建物が建築事務所として使用されていたことがわかります。

 

 

こちらもマンション同様外観だけこちらで撮影し、内部の様子はスタジオではないかと予想されています。

レンタルビデオ屋

桑野がよく仕事帰りにレンタルビデオ屋に立ち寄り海外ドラマを借りていてシーンを覚えている人も多いのではないでしょうか?

そのレンタルビデオ屋は丸ノ内線方南町駅前の交差点近くにあったようでしたが、現在はなくなってしまったそうです。

 

今作はまた違ったところでレンタルビデオをするのでしょうか?

放送内でチェックしていきましょう〜。

桑野が通る赤と白の橋

前作で何度も出てきたこの橋は聖地巡礼をした方も多いようです。やはり記憶に残る場所の一つでもありますよね。

この橋の名前は御成橋(おなりばし)です。
この橋は、東京都品川区大崎と品川区東五反田を結び、散歩コースや桜の花見スポットとしても有名です。

 

結婚できない男以外にも「ゴーストフレンズ」や「東京独身男子」など様々な撮影のロケ地として使用される有名な橋です。

法律事務所

「まだ結婚できない男」では新キャストとして吉田羊演じる弁護士の吉山まどかが独立して法律事務所を立ち上げています。

今作では桑野から弁護士として相談を受ける役ですが、2人の距離が喧嘩を通じてだんだん近づいてく・・・?と言われています。恋の行方も気になるところですよね。

そこで吉山まどかの法律事務所の撮影ロケ地はどこなのかをリサーチしてみましたが、まだ詳細は全くわかっておりません。

また分かり次第こちらは追記していきますね。

 

カフェ

新キャストである稲森いずみ演じる岡野有希江がカフェ「BROWN CLOVER」で働いています。
桑野は好意を抱き岡野有希江のカフェに通うようになるので、おそらくこのカフェも今作でかなり出てくる場所の一つであると思うので、調べてみました。

こちらもまだ場所の詳細はわかりませんでした。

また分かり次第こちらは追記していきますね。

 

その他にもたくさんの場所がドラマで出てくるので、ロケ地など分かり次第追記していきます。

 

『まだ結婚できない男』のキャスト

桑野の周りの女の人編

吉田羊(役:吉山まどか)

独身の弁護士。独立して事務所を経営しており、桑野から弁護士として相談受ける。真面目なので桑野の屁理屈な性格が原因で喧嘩になることが多いが、徐々に距離が近づいていく。それが恋なのかは不明。

稲森いずみ(役:岡野有希江)

カフェ「BROWN CLOVER」の雇われ店長。離婚訴訟の弁護を吉山まどか(吉田羊)に依頼しており、それを傍聴しに来ていた桑野と偶然知り合う。
桑野は岡野の人柄に徐々に好意を抱き、居心地がいいこともあってカフェに通うようになる。

深川麻衣(役:戸波早紀)

桑野のマンションの隣に引っ越してきた謎の隣人。家賃は高額なので高収入なのか、実家がお金持ちなのか謎が多い。時々部屋で男の人と言い争う声も聞こえる。

小野寺ずる(役:山下香織)

吉山まどかの弁護士事務所で働く、受付兼アシスタント。大した用もないのにやってくる桑野にけげんな視線を送る。

美音(役:太田留美)

有希江のカフェでアルバイト店員。桑野からのマニアックな質問に答えるためコーヒーについて勉強する頑張り屋さん。

 

桑野・野村建築設計事務所関係者編

塚本高史(役:村上英治)

前作はアシスタントだったが、一級建築士になり桑野の事務所の共同経営者になった。
そのため事務所の名前が「桑野建築設計事務所」→「桑野・野村建築設計事務所」になった。
自分があるのは桑野のおかげと感謝して尊敬しているが、決してまねはしない。

奈緒(役:横田詩織)

桑野・野村建築設計事務所のアシスタント。桑野を変わった人と思ってるが、詩織はマイペースに仕事をし、会社の人と良好な関係を保っている

荒井敦史(役:丸山裕太)

桑野・野村建築設計事務所のアシスタント。仕事に一生懸命で決してダメではないが、真面目さゆえ、桑野にいつも振り回されている。

阿南敦子(沢村映子)

桑野・野村建築設計事務所の経理担当。常に自分ペースのため、桑野は少し苦手なタイプ。

不破万作(役:大工の棟梁)

桑野が設計する大工の棟梁。桑野の設計を勝手に変えてしまうので度々桑野と喧嘩になる。

咲妃みゆ(役:森山桜子)

在宅プロデュース会社の中堅社員。桑野の性格が大の苦手。英治(塚本高史)から好意を寄せられている。

 

桑野の家族編

草笛光子(役:桑野育代)

桑野の母。息子が結婚しないことを心配している。

光浦理恵子(役:中川圭子)

桑野の妹で気が強く口が悪い。夫を尻に敷いている。

尾美としのり(役:中川良雄)

理恵子(妹)の夫であり桑野の友人。病院の院長。
桑野と愚痴を言い合う仲であり、桑野の唯一の良き理解者。

平祐奈(役:中川ゆみ)

中川の娘で桑野の姪。家族の中で桑野の性格に一番似ているかも。

 

前作に出ていた大人気犬のパグのKENちゃんは?

前作でみちる(国仲涼子)が飼っていたパグのKENちゃん。その可愛さで超話題になりましたよね。

自分にしか興味がない桑野もこのKENちゃんの可愛さに徐々に愛情が湧いてきていました。

みちるが出演しない今作でもパグは出演しますが、初代のKENちゃんではなく同じ犬種のパグが2代目出演するそうです。

前作で主人公の隣人・みちる(国仲涼子)が飼っていた、ケンちゃんと同じ犬種であるパグも登場する。

引用:シネマトゥデイ

 

今作ではみちるが出てこないので誰がこのパグの飼い主なのかも気になるところです。

 

 

まとめ

「結婚できない男」で最終回夏美先生といい感じになっていましたが、お別れしてしまったそうです。

結婚してるか??と思っていた桑野はまだ結婚できておらず、相変わらず屁理屈が多く癖が強い。

今作での桑野の周りに現れる女性は、桑野を「結婚する男」へと導いていくことできるのでしょうか。
新キャストも多い今作、桑野の結婚に対する心の変わり方に大注目です。

また、今回の記事では『まだ結婚できない男』で撮影されたロケ地について調べています。

ぜひ聖地巡礼巡りに役立ててみてくださいね。